PAGE TOP

家族に内密に借金をしていましたが

借金を減額するためには?

家族に内密に借金をしていましたが
家族に内密に借金をしていましたが、とうとう支払いが滞り、債務整理せざるを得なくなりました。

かなり大きな額の借金減額があり、もう返済することが無理になったのです。話を聞いてもらったのは某弁護士事務所でだいぶ格安で債務整理をしてくださいました。


任意整理を終えて、任意整理の話し合いを行った業者より金銭を借りることは不可能になります。

しかし、任意整理の後、色々なところで借りた借入金を返してなくなったら、およそ5年から10年経てば信用情報機関に登録されたデータが消滅しますので、それからは借金減額することができるようになるのです。


借金減額を全部なくすのが自己破産の制度となるのです。



借金減額で辛い毎日を送っておられる方には喜ばしいことですよね。

ですが、当然メリットだけではありません。
もちろん、デメリットもございます。

車や家といった財産は全部手放してしまわなければいけません。



さらに、およそ10年はブラックリストのほうに登録される為、新たな借金などは出来なくなるのです。
債務整理後、住宅ローン申請をしてみるとどうなるか利用できないことになっています。債務整理を行った場合、あと数年くらいは、お金をどうやっても借りられなくなって、信用情報に載ってしまうのです。

利用することを検討するなら当分の間、待ってください。



自己破産をする際、身の回りのものや生活を建て直すための少しの金額の他には、明け渡すことになります。

自宅、土地などの資産以外に、ローン返済中の車も譲り渡さなくてはなりません。
ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が同意すればローンを返済するのと同時に所有も許されるようになります。

個人再生とは債務整理の一つで借入金を少なくしてその後の返済を容易にするというものです。これをする事によって多数の人の生活が苦しさが軽減されているという実例があります。


昔、私もこの債務整理をしたことにより救われたのです。
私はお金を借りたことで差し押さえされそうなので財務整理をする事に決めました。



債務の整理をする場合、かなり借金が減りますし、差し押さえを免除されるからです。
近所の弁護士事務所で相談してみました。


親身になって相談させてもらいました。



借金減額を返すことができなさそうな場合、司法書士や弁護士に依頼し、自分の財産を処分したり、弁護士の交渉により債務を軽減してもらう自己破産や任意整理といった選択します。任意整理という処置でも、自宅などを維持しつつ借金を返す個人再生という手段もあります。借金減額総額が減額しますが、マイホームのローンなどは残額としてありますので、要注意です。
借りたお金の額が多すぎて、行き詰った時は弁護士や司法書士に助けを求めましょう。

もうギブアップという場合は自己破産という手段を選べます。
何年間か海外に行けなくなるなどの制限をつけられますが、借りているお金がなくなります。
個人再生という方法をとるには、安定した収入などのある程度の条件が必要となります。

任意整理とは、債権者と債務者が相談することで、金利の引き下げや元金だけの返済で可能なように頼むという公共機関である裁判所には関わらずに借金を減額する処置です。

大多数の場合、弁護士や司法書士が債務者の代わりとして話し合いをして、毎月の支払う金額を減少させることにより、完済できる道筋がみえます。
関連記事