PAGE TOP

家族に言わずに借金減額をしていました

借金を減額するためには?

家族に言わずに借金減額をしていました
家族に言わずに借金減額をしていましたが、とうとう払えなくなり、債務整理する事になりました。かなり多額の借金減額があるため、もう返すことが出来なくなったのです。

相談に乗ってもらったのは巷の弁護士事務所でかなり安い価格で債務を整理してくれました。債務整理をしてみたことは、仕事先に黙っておきたいものです。

勤め先に連絡が入ることはございませんので、気づかれないでいることはできます。


とはいえ、官報に掲載されてしまう場合もございますので、見ている方がいれば、気付かれる可能性もあります。裁判所を通さずに交渉し、合意成立してから、いくらお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などで借入を申し込んだとしても。審査のタイミングではじかれてしまいます。


信用情報機関のブラックリストに載ってしまったら、記載が削除されるまでには5〜10年の月日が必要であるため、その時間を待てば借り入れが出来ます。


たとえ任意整理を行っても、デメリットなんてたいしたものはないと考えてしまいがちですが、実際にはちゃんとあるのを知っておられますでしょうか。
それは、官報に掲載されることです。
噛み砕いて言うと、他に人に知られてしまう可能性もあるということです。

これこそが任意整理最大のデメリットだと言えるのかもしれません。債権調査票とは、債務整理を行う際に、どこでお金をどれほど借りているのかを明確にさせるための書類です。


お金を借りている会社に依頼すると受け取ることができます。



ヤミ金の場合だと、受け付けないこともありますが、その際には、自分で書面を準備すれば大丈夫です。
何社かの金融機関からの借り入れや複数のカードで融資を受けていると毎月の返済が大きくなり経済的な重荷になってしまう場合に債務整理で融資をすべてすべてを集めて一本化することで月毎の返済額を相当額少なくすることができるという大幅なメリットがあるのです。



自己破産をするケースでは、身の回りのものや生活をやり直すための微々たる費用の他は、全てなくすことになります。
自宅、土地などの財産の他に、ローン返済中の車も引き渡さなければなりません。ただし、他の人が支払いを継続する事に、債権者の了解を得ればローンを返済すると併せて所有も許されるようになります。債務整理をしたことの事実についての記録は、ある程度の期間残ります。

この情報が残ったいる期間は、新たな借金減額ができないでしょう。情報は何年かでいずれ消去されますが、それまでは誰もが閲覧できる状態で残されているのです。
私は多数の消費者金融から借金減額をしていたのですが、返済できなくなり、債務整理をしなければならなくなりました。
債務整理にも色々な方法があり、私に行ったのは自己破産だったのです。
自己破産すると借金が帳消しになるので、肩の荷がおりました。

債務整理をするやり方は、様々あります。中でも最もさっぱりするやり方は、一括返済してしまうやり方です。



一括返済の場合の利点は、その債務をまとめて完済しますので、その後の面倒な書類手続き等と返済が必要でない点です。

理想の返済のやり方と言っても過言ではありません。
関連記事