PAGE TOP

家の人たちに内緒で借金減額をしてい

借金を減額するためには?

家の人たちに内緒で借金減額をしてい
家の人たちに内緒で借金減額をしていましたが、とうとう支払えなくなって、債務整理に助けを求めることにしました。

かなり多額の借金減額があるため、もう返すことが出来なくなったのです。
話をしたのは行き当った弁護士事務所でかなりお安く債務を整理してくれました。
借金の返済ができなくなった場合に、お金を借りている人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、いくらなら払えるのか、返済する額を調整します。
こうして任意整理が行われますが、その場合に、銀行預金が、凍結されることがあります。銀行口座にお金がまだ残っている場合は債権者に持って行かれてしまうので、任意整理が行われる前に、引き出しておきましょう。



債務整理には再和解といわれるものが存在します。



再和解というのは、任意整理後に、もう一回交渉して和解することなのです。これは可能な場合と出来ない時がありますので、可能かどうかは弁護士に相談の後に考えてください。債務整理を行っても生命保険を解約しなくても良いことがあります。任意整理を実行しても生命保険をやめなくても良いのです。注意する必要が生じるのは自己破産の時です。



自己破産をする時には生命保険を解約するように裁判所によって命じられることがあります。
債権調査票とは、債務整理をする際に、どこからお金をどれくらい借りているのかをはっきりとさせるための文書にした紙です。お金を借りている会社に頼むことで対応してもらえます。ヤミ金だったりすると、対応してもらえないこともありますけれど、そんな際には、自分で書面を用意すれば問題ありません。

自己破産の都合の良いことは責任が免除となれば借金減額を返す必要がなくなることです。どうやって借金減額を返済するか悩んだり、金策に走り回らなくてよくなります。特に財産があまりない人にとっては、借金返済の為に手放すハメとなるものがあまりないので、利点が多いと思います。
債務整理を弁護士、司法書士に委託するとき、忘れてならないのは着手金及び以降かかって来る経費のことです。着手金の平均金額は一社につき二万円くらいです。

中には着手金0円を標榜する弁護士事務所も見かけますが、これは過払い金がある人だけが対象ですから、留意して委託してください。


借金減額など踏み倒したらって友人に言われたけれど、それは無理だと考えて債務整理を決意しました。


債務をきちんとすれば借金は減りますし、何とか返済していけると考えたからです。

おかげで日々の暮らしが楽ちんになりました。

債務整理をした場合は、ブラックリストに記載され、それが消滅するまでの5年の間、クレジットカードの審査を通ることは難しいと聞いた事があります。



とはいえ、5年の年月が過ぎないうちに作れている人たちもいます。

そのケースでは、借金減額を完済しているケースが多いでしょう。

信用があればクレカを作成することも可能です。


専業主婦の方にも債務整理というのは選べます。もちろん、内々に手順をふむこともできますが、借金減額の額が大きいときは家の者に相談した方がいいです。専業主婦でも返済がストップすれば、弁護士の力によって何とかすることが可能です。
関連記事